プロフィール
時雨
時雨
Stgw90(SG550)が大好き過ぎて、スイス現用装備を集めだした駄目人間です。基本的にどのチームにも属していませんが、色々なフィールドに出没してます。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
QRコード
QRCODE

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2011年10月30日

サバフリ2お疲れ様でした

毎度閲覧頂きありがとうございます。
時雨です。

本日はユニオンベースで開催されましたサバフリ2出店してきました。
ご来店いただきました皆さまありがとうございました。

昼過ぎから小雨がパラつく生憎の天候でしたが。多くの方にご来店いただきました。
店番で中々他の出店者様のところを見に行けませんでしたが、
レッドアフガン様で



TAZ83のM71用ヘルメットカバーを発見!!
デッドストックだったらしく程度が極上だったので2個購入してしまいました。
やっぱり、こうしてみると旧迷彩も味わい深いなぁ。

その他多くの知人に御挨拶できたので、とても充実した一日でした。
次回はイベント出店は12月17日、18日のVショーになります。
Vショーでは現用スイス物を中心に持っていきますのでご期待ください。

ではでは、またー

  

Posted by 時雨 at 22:41Comments(4)イベント関連

2011年10月29日

明日のサバフリ2

毎度閲覧頂きまして、ありがとうございます。
時雨です。

明日のユニオン ベースフィールドで行われるサバフリ2に「時雨堂本舗」で出店いたします。

明日はうちの不要の現用米軍装備やらを持て行きます。
ご来店いただければ幸いです。

あ、12月のVショー用の商品を発注しました。今回は結構真面目に発注しましたのでご期待ください。


  
タグ :サバフリ

Posted by 時雨 at 21:25Comments(0)イベント関連

2011年10月25日

野戦装備(7)着装例

毎度閲覧ありがとうございます、時雨です。
本日は折角集めたのに野戦装備を一度も着ていなかった事に気付いたので、
着てみました。

うわー、中の人が残念なのはいつものことです。
ヘルメットがM04では無くM71なのが残念ですが、これで殆どの野戦装備が揃いました。



一応、将校想定なので右腰にホルスターを装着。
右腰前は水筒ポーチを持ってきました。

この装備、ボディーアーマーが予想通り重いです。
次はM71ヘルメット、鉄ヘルは伊達じゃありませんw
これにバックパック背負ってStgw90持つと・・・・。

あ、後ろの写真を撮るのを忘れました。
しかも、大事なStgw90持つのも忘れてるし。

しかし、この現用スイス装備は現用イベントの殆どで活用できません。
何しろ国連活動で出ているのはKFOR(コソボ平和維持活動)ぐらいなのでw

うーむ、なんか自分が着ると微妙ですね・・・・。
あ、生活感バリバリの背景は見なかった事にしてくださいw

あと現用野戦装備で紹介してないのはブーツ位ですか、
これからも何か目新しいものが出てきたら紹介いたします。
少しでも、スイス装備の同士の助けになれば幸いです。

ではでは、またー
  

Posted by 時雨 at 22:04Comments(4)Schweizer Armee

2011年10月22日

資料本(スイス旧軍装)

毎度ありがとうございます、時雨です。
本日は最近質問をいただくことがある、TAZ90前の旧軍装(TAZ83)についての資料本をご紹介いたします。 



「Schweizer Soldaten im Einsatz」(1978年刊)
「DIE WAFFEN DER SCHWEIZER ARMEE」(1988年刊)


TAZ83装備は1957年に装備が開始され、1993年にTAZ90に全面変更されるまで使用されました。
スイスのアルペンカモフラージュは現用装備のTAZ90よりも今でも知名度は高いと思います。
厳密に言うとアルペンカモフラージュとしては1957年に採用されたTAZ57と1980年代から改良されたTAZ83に分かれます。
違いはTAZ57の方が地の色がオレンジが強いです。ですが、正直並べてみないと違いは分かりません。
現在、流通している放出品はほぼ全てTAZ83です。

2冊の中身はこんな感じです。

Schweizer Soldaten im Einsatzは大戦中のスイス軍の写真や演習時の写真などが多く掲載されてます。
まだ、このころはM18ヘルメットとM71ヘルメットが混在してますね。



DIE WAFFEN DER SCHWEIZER ARMEEは主に軍の装備紹介がメインです。
カラー写真もありますが、モノクロ写真がメインです。
旧装備も味わい深くて好きですねー。

2冊ともまだスイスからなら取り寄せ可能です。
需要があるのでしたら、取り寄せて今度のVショーで並べてみますかね。

本日は旧装備の資料本のご紹介でした。
ではまたー
  

Posted by 時雨 at 01:50Comments(4)Schweizer Armee

2011年10月08日

野戦装備(6) 続ポーチ

毎度どうも時雨です。
装備紹介をするのも、なんだか久しぶりです。

本日は念願だった野戦装備の足りなかったポーチである、
マガジンポーチが手に入ったのでご紹介いたします。



表です。



裏です。(右が左用、左が右用です。)
95年製と92年製です。



左用には背嚢と同じようにヘルメット吊り用フックが付いております。
上向きと斜めに樹脂製のベルトを通すループが付いています。
これの活用方法は下記に。




前から疑問だったのがハーネスの前から出ているベルトと
後ろから斜めにでているベルトをどの部分に付けるのかということでした。



謎解決。
かなり短くして分かりやすくしておりますが、
マガジンポーチのループに通して使用するのですね。



謎ポーチ、マガジンポーチの一種だとは思うんですが、
水筒ポーチだと軍発行の資料から確認されました。
右用に付けるのが普通のようです。
前述のベルト通し用のループも付いております。



マガジンポーチと比べると若干長いんです。謎
スイス軍のどの資料にも違いは記述が無いのです・・・。
仮称マガジンポーチ2とでもしておきましょうか(^^;;;

スイス軍ミリフォトを見ると兵は左右ともマガジンポーチが多いですが、
下士官・士官は右のみ長い仮称マガジンポーチ2水筒ポーチを装備していることが多いです。
このポーチはまだ情報収集の必要がありますね。

ちなみにマガジンポーチはStgw90の30連マガジンを連結した状態で4個入りました。
他の軍のマガジンポーチみたいに仕切りとかは無く、ただの袋です。
お世辞にも使いやすいとは言い難いですね。
これ本当にマガジンポーチなのかと疑いたくなりますが、スイス軍公式資料には
同じものがマガジンポーチとして載っておりますので正解なんでしょう。


取りあえずハーネスに装着してみました。
ウェブベルト類もすっきりと収まりました。

以上、マガジンポーチと水筒ポーチ仮称マガジンポーチ2のご紹介でした。
これで一応野戦装備はほぼ全て揃いました。
最新装備で手に入ってないのは、04ヘルメットと04ヘルメットカバーのみですね。
次回からは溜まりに溜まっている冬物衣料の紹介をぼちぼち始めようかと思います。
ここまで長文お読みいただいて、ありがとうございました。
ではまた~
  

Posted by 時雨 at 14:28Comments(6)Schweizer Armee